FC2ブログ

気持ちの切り替え すっーと!気持ちが楽に・・・

思い出 切り替え

ちょっと体調が悪いときは
    スクーターって、気軽な乗り物ですら
       辛い時があります

  通院に、妻の軽自動車
     ダイハツのネイキッドに!
       便乗させてもらっていると・・・・

 道のあらゆるところに
     葬儀屋さんの、色黒の案内板が・・・・

   闘病 と 生きる意味

     患者だった、お名前が・・・・

ただの医療事務、
   しかも休日限定のアルバイトの!、バックアップ要員!
     それと、患者さんとだけの関係

     でも、本当に、色々考えてしまって
        自分の病気とも重ねてしまって・・・・

           障がい者 の 心理
  
     病名は違っても、下方にしか向いていかない闘病と
       ともに、長い時間を取られている、
          その共通項だけなのですが・・・・・

 で、次のアルバイトの日!
     ちょうど、入院患者さんのオーダーを出しに来た
       呼吸器内科専門の、超ベテランのDrが

     検査結果のチェックで、受付にいらっしゃったのね。

  「命の職場」だからこそ!
     相手にも「プロ」を求められる先生で・・・・ホントは少し苦手、ありました

 自分の名前を名乗る意味。

 でも!、ちょうどお帰り際で、「私服」だったってこともあり

   「~先生!、私事で恐縮なのですが・・・・」っと、ご相談させて頂いたところ


    先生の気持ちの切り替え方とか、医療的な部分も教えて頂きました~

     でも!、一番ココロに来たのは!!

   「トングさんが、そうやって患者さんの事を思ってくれる事が、
        彼女自身もうれしいと思いますよ」

           っと言って頂けたことでした・・・・

 失礼ながら、あ~やっぱり、
      患者さん本人はもちろん、
         残された家族にも、病理の説明をして
            心理的なフォローをされてきた「先生」なんだなぁ~

      っと、実感させて頂きました。

 
ちなみに、トング自身が患者でかかっている先生に
      相談しなかったのは

        「個人情報のカケラ」でも、外に持ち出さないように!

      その不用意が、どこから巡って残されたご家族の
         知られたくない事などに、抵触するかもしれませんから・・・・


カタチは違えど
    長い闘病生活を、重ねて見てしまった患者さん

      完全に割り切る事は出来ないでしょう!

        でも、トングの「経験」として、
           公私共に、引き続き考え、
   
              そして別の患者さん、そして家族のために
   
                  実行していきたいと思います

     そういう、気持ちのトランスファーを与えて頂いたことに
         深く、深く!!、感謝いたします。
2018/05/16 22:00 (水)|命と、様々な生き方
プロフィール

tongu144

tongu144
はじめまして、トングと申します。


駄バイクと駄おっさんが、ゆっくり毒抜きしながら、生きていられる喜びに感謝してる・・・そんなブログです。

フリーエリア
カテゴリ
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
リンク
グーバーウォーク
FC2カウンター
月別アーカイブ