季節外れのキャンプファイヤー 炎の中 に 何を連想するのか!?

セイノースーパーエクスプレス 騒音 ひどい (2)

 火・・・・・そして炎

    今日は、エコロジーとか環境問題とか・・・・
       カーボンレス運動なんて・・・・ちょっと、「棚上げ」して

    火に引き付けられる!
         人間の心理を考えてみたいと思います


 ちなみに、燃やしているのは・・・・・
     父が、その昔

 日曜大工用に、残していた木材・・・・
   中には、4寸角の柱材とかもあります。

 贅沢ですが、使うものの居なくなった
   材木は・・・・シロアリの温床になってしまうのです。

  トラック業界 の 騒音問題 父母の引越し

セイノースーパーエクスプレス 騒音 ひどい (3)

 直火って・・・・
   どんな暖房器具より
       身体が暖まります・・・・・・・そして、疲れます・・・・

 科学的に考えると、
    ただ、放熱している火力が強く!
         調整されていなく、
     放射状に熱が散らばっているからなんですが・・・・・

 それだけで、こんなにも、疲れるものでしょうか?

 火は、本能的に「怖い」、
    緊張を持って扱わないといけないもの!

  家庭用の調整された、

       ガスコンロや、ガスキッチンでも!
         
          お出かけのの時は、元栓締めるでしょう?

 それだけ、私たちは、
     火に
       「力」と同時に、「怖さ」を知っているのです。

セイノースーパーエクスプレス 騒音 ひどい (6)

 そして・・・・・この記事のUP日が
        彼岸という事もありますので・・・・

 少し、「人生」を考えると・・・・

   お葬式、 

 最近は、色んな埋葬スタイルが取れるようになりましたが 
   基本は、火葬ありきで、「遺灰」を、どうするかというだけです。

 日本では、縄文の時代から
   狭い部落の中で、風土病などが広がらないようらしいのですが・・・・

 あの火葬場での、独特なお別れ・・・・
     小一時間で!、遺灰になる、

 多分、その時間が、残された者の心の整理の、「境目」

    例えば、心残り・・・・
        出来なかった看病
          伝えたかった気持ち
            もっと教えて欲しかった事柄
               かみ合わなかった会話

 それが、タイムアウトするのが、
    この火葬のタイミングなんだと思います。
  

ここまで、直接的ではないですが

休日の医療事務の 
  アルバイトで、何度も!!

      人様の「命の最後」には、立ち会って来ました。
      
  それは、
      家族の在り方など
           とても勉強になり、

障がい者 の 心理
    
 宗教を、「持つ」だけの勇気のない

  無宗教で、生きて行く
      トングの、背骨を少しずつ、強くしてくれています。

セイノースーパーエクスプレス 騒音 ひどい (5)

  この、「境界」の仕事は、
     社会と繋がっていたい、っという願いと相まって
    
         トングの天職、なのかもしれません・・・・・

 「トング」 という ハンドルネーム と 盲導犬

 もちろん、病院は「助ける」のがお仕事!

 ドクターはもちろん、ナースさんや
    他のスタッフの足を引っ張るようなら!
       身を引きますが・・・・・

この「境界線」という
  側で、突き刺さっている、金バサミ=トングのように
    
  炎に寄り添い、

     最後の最後まで!
        何かの役に立ちたいっ!

  そう再認識した!、激しい炎でした。

2018/03/21 16:00 (水)|命と、様々な生き方
プロフィール

tongu144

tongu144
はじめまして、トングと申します。


駄バイクと駄おっさんが、ゆっくり毒抜きしながら、生きていられる喜びに感謝してる・・・そんなブログです。

フリーエリア
カテゴリ
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
リンク
グーバーウォーク
FC2カウンター
月別アーカイブ