ブリヂストン JOBNO(ジョブノ) レビュー1 フレーム強度 中学生 女子用 の 自転車選び その8


さて「前置き」が長くなりました
    シリーズ8だって!・・・
           お付き合いありがとうございます。
           
  それでは!、
    自転車フリークのトングが
     「子供の命」を預けられる!っと惚れ込んだシティサイクル!

        ブリヂストン JOBNO(ジョブノ) のレビューをば!

ズバっ!っと核心から!
    それは「「フレーム強度!」」 




   どうです!?、
     一番力のかかる!ボトムブラケット付近ですが
        この補強板が入った!
           なんとも頼もしい、ラグ溶接!!

      同じブリヂストンでも、ノルコグWだと

サイクルベースあさひ オリジナル ブリヂストン アンダンテ 中学生 女子用 の 自転車選び その5

     こんな感じなのですが、

ジョブノのフレームは



   横方向に対しての「ねじれ」を徹底して無くす努力をしています。
     この処理の美しさは、
       大昔からロードバイクや、ツアラーを作って来た
            自転車メーカーとしての「経験」がなせる技!


 シティサイクルの貧弱な
   フレーム剛性を
     2輪車フリークから見ると

    「箱」で支える車、
        最小は軽自動車、
         大きいところでは、トラック・ダンプ・・・・は
             存在しているだけで「強度」はあるのですが

    「それ単体」では、自立も出来ない2輪車は
        前タイヤと後ろタイヤの間だけで、
           「面」として強度を確保する努力が必要です

            スクーターの 「長所」 と 「欠点」

   まだ、バイクや、スクーターは
       「エンジンの幅」の分、強度を稼ぐスペースがありますが

  シティサイクルは、ハンドルを除けて
     フレームだけを正面から見たら?

            そう!?、たった5.6cmの幅!
               それが、ねじれ、よれて、
                  ふらつきを起こす

     ほ~ら!、こういう視点で
         カタログも用意されていない
           素材も分からない、パイプを「直溶接」した
               ホームセンター自転車を見ると

     シティサイクルでも、下りでは 
         平気で4.50kmのスピード出ちゃいますからね~
  
                       トングは、怖いな~
     
  2輪車はこうも「難儀な乗り物」なのですが
    それでも!廃れず、
       こうして進化を続けているのは

  「箱」の車では感じられない
      魅力があるからなんですよね~

   ちなみに、このジョブノ君のフレームは、
            フラッグシップモデルの
              アルベルト等(アルベルトライトを除く)と                    同じ、「国産製」です!

        タフフレームと呼ばれ
           従来の「ブリヂストン製品」のシティサイクルの
               30%強度増し!

                本当は
                  ホームセンター系からは
                     何十%増しになるのか?

                   それが一番知りたいんだけどね~

今の、生産現場は人件費を抑えるために
     主力工場を、海外に出しているのはご存知かと・・・

   Made in Japan の喪失は、活力の消失!!

 スクーターなんて・・・・
      開発以外、完全に輸入品になっちゃったしね~!

  そんな中、通学自転車四大メーカーの
      トップシェアのブリヂストン!、

        さすが、それなりの代価45800円を
          支払ったお客さんは、大切にしてくれます。

   さて、では今回のシリーズで
        散々ベース車両として登場した
          ノルコグW39800円(海外生産品)と

           「どこ」が違ってくるのか!

       次回じっくり、各部品の価格差を含めて
                  詳しくご披露致しまーす!。


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
2015/02/28 09:27 (土)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

ブリヂストン JOBNO(ジョブノ) 中学生 女子用 の 自転車選び その7 トングが選んだシティサイクル!


トングの娘
  よっぽど嬉しかったのか?!
     納車になった途端、泥道乗りやがった!
        まだ写真撮ってなかったのに!!

さて自転車は、本当に良い!

  特に「独立心」の芽生える「中学生」って時期には
      「自分の世界」が、広がって行ったのを覚えています。

   トングは、シティサイクルでは無く
      ブリヂストンの「ロードマン」(ツーリング自転車)
         だったので・・・・
               あ~~~歳がばれる~

      中学2年で、東京~和歌山を走ってました。
         男の子って、基本「馬鹿」だから
              のめり込むと一直線なのさ!

しかーーーーし!
   自転車を子供に与える!「親の立場」になると

    女の子の上に、
       学校指定でシティサイクル縛りがあるとはいえ

        トラックやダンプが行き来する
             田舎の公道を、毎日通学する!

             それは「子離れ出来ないパパ」・・・・

           もとい!、自転車の「魅力」も
                    「危険」も
                    「トラブル」さえ
                人様より知っている!っと
                     自負するトングには

             絶対!後悔したくない「最重要案件」でした。

選考期間2ヶ月!
 連日、ブログのネタ・・・・・記事になる位!
       「中学生 女子用 の 自転車選び シリーズ」

 トングが選んだ シティサイクルは、
     ブリヂストン JOBNO(ジョブノ)



   シティサイクルって、
      どのアングルで写真撮っても代わり映えしませんね~
          特に、学校指定の「シルバー」だと・・・・

 しかぁーーーーし!、
    
     このシリーズで、ご紹介してきたように
         それぞれの機種、ランク、値段、
             様々な「個性」を持っているのを学びました。

    マウンテンバイクや、ロードバイクと違って
       外観がさほど変わらないからこそ!
         なんて!?、「奥の深い乗り物」なんだと!、
              思い知らされました。


ブリヂストン JOBNO(ジョブノ)は
   このシリーズでベース車両としてご紹介してきた
       ノルコグW39800円の1ランク上で44800円。

   ブリジストンのシティサイクルとしての
      フラッグシップモデルの
           アルベルトロイヤルなんて71800円です。

 余談ですが
   「ロイヤル」はこの時期だけの少数生産品なので
        3月の声を聞いたら、手に入れるのは
               難しい!!、ブルジョア仕様  

      その下に通常のアルベルト61800円
          スターノヴァ・・・タフループ等など
            カタログモデルだけでも
                色々な選択肢があります
    


      その他に、チェーン店と共同開発したモデルが

 サイクルベースあさひ オリジナル ブリヂストン アンダンテ 中学生 女子用 の 自転車選び その5

      などもありますから、もう大変!

  ちなみに、メーカーという名で取るなら
     パナソニック、ミヤタ、丸石、が四大メーカーと呼ばれています
          
  ここにも、無数のモデルが存在するのですが
     田舎暮らしのトングの在所で
        「実物」を見れるのは、ブリヂストンだけ!

         カタログや、
           ネットの情報だけでは分からない事は
               山ほどあるし!

  トング自身が過去の経験で
       ブリヂストンに好感を持って居るので
          ほぼ1メーカーで検討していました。

 子供に与えるシティサイクルに
    何を付与してやるか

      それは「親の価値観」になる訳ですが

        何せ、物入りな「進学時期」!
          親の懐具合にも限界はあります!

    トング家も、かな~~~~り
       厳しい経済状態ですが
        確実に貯める! ヘソクリ術
           コレをプラスする事で、

        このトング自身が、安心できる
             自転車を与えてやれました~

  さて、今日の記事では
    もうまるっきり
      ブリヂストン JOBNO(ジョブノ)の素性に
          一切触れていないので!

   次回の記事では
      事細かく、ネジの1本まで
         この自転車を選んだ理由をご紹介いたします!

     多分、目からウロコの部分が
         少しはあるかと思いますので
             お楽しみに!


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

2015/02/27 15:34 (金)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

ブリヂストン アスモ 中学生 女子用 の 自転車選び その6


元・生産管理者のトング

   営業さん VS 販売店の担当責任者さんの
     「激闘」の上に!!!
      
そのチェーン店の「オリジナルモデル」が
         打ち合わせされて行く事を知っています。

今回のブリヂストン 「アスモ」も
         どちらかの土下座か?
            それとも熱い握手!で生まれたのか?
                 
                   そんな「オリジナルモデル」



今回のシティサイクルの写真
  間違えて、男子が乗る「スタッガード」タイプの
       アスモの写真を撮っちゃった!、しかも27型。

     ちゃんと真ん中が下がって
        女子がスカートでも乗り降りしやすい
           「ダブルループ」も販売してました、26、27型



 悪くはないのよ、悪くは・・・・
   シティサイクル分野の
     ホームセンターモデルとしては、良いパーツだし!
     
   あ~~~、ちなみにトング在住の近くの
          カインズ3店舗回って!
             3店とも販売員さんは

   カインズホーム キラリ(Ki・La・Li) 中学生 女子用 の 自転車選び その4
       を、勧められました~

        販売店としては、
          「直仕入れ」の自分のトコロの
               ホームセンターブランドの方が
                     「利益率」が高いからね~~

  それでも!、「ブリヂストン」という
       「自転車メーカー」の「安心感」を買う!

         お客さんの居るので、こういうモデルも必要になります


  あれっ!?、今日の「入り」は・・・・
               なんか重いな~

  っと言うのも!
     今回のアスモ、

     ブリヂストンのシティサイクル
          「ノルコグW・5段変速モデル」
                   がベース車両なんです

  前回ご紹介した
サイクルベースあさひ オリジナル ブリヂストン アンダンテ 中学生 女子用 の 自転車選び その5 

     ベースは一緒、
        販売価格も、一緒なんだけどね~・・・・・

  なんて言うんだろう?
     ノルコグWから、色々精度を下げた
        デチューン仕様、って言い切って良いかも!

  唯一の特徴は
     ワンロックツーキーで
        一つの鍵で、
          フロントタイヤも「ハンドル」ごとロック出来ること



  ママチャリは、盗難トラブルが付き物だから
       この機能を足したんだろうけど

     上位機種のように、後ろの鍵を締めれば
       「同時」に前もロックするタイプ・・・・ではなく!

   同じ鍵穴の固定錠があるってだけなので
     子供が面倒がったら・・・・ワンロックと一緒。



  しかも、ノルコグWには
        同じ鍵でロック出来る
           ワイヤー錠が付いているので、
               あまり「プラス感」は無いですね~

  細かいところは、わかりにくいかもですが・・・
    あさひオリジナルの「アルベルト」では
      「走る、曲がる、止まる」って部分に力を入れて
 
   爽快に走る為に、ステンレスのカゴにして空気抵抗を減らしたり

   安全に止まるために、上位クラスのブレーキを採用したり・・・

      そういう、
         「2輪車に乗る人」が作った!
            もしくは
         「乗る人の為に」作った!!

             って「愛情」的なモノを感じたのですが

        

   板ブレーキのまんまだし!

      それどころか、
         ノルコグWに付いている
           ヘッドエンブレムが無くなっている!
              おっと・・・・「シール」になってました。

      これはわかり易いけど「例」ですが
         こういうコストダウンが
              随所に見られるのですよ~・・・アスモ君

シティサイクルに求めるモノは
  人によって便利さは変わるでしょうが
  
     最質、品質という面では

  「アルベルト」>「ノルコグW」>「アスモ」
    
     同じ環境においておいたら
        「サビ」の進行スピード、
             かなり変わるぐらい、色々変化してます。

 全く同じ価格帯、同じメーカーなのに
    なんでこういう事になるかというと 

     販売店は、利益率の高い
        自社ルートの商品を正面に置きたい
          でも、「大手ブランド名」を買いに来る人も居るので
 
        品質を下げる事で
          仕入れコストをからの利潤を大きくしたい!

     メーカーとしては
        田舎の個人経営の自転車屋さんに
         「ちまちま」売るより
           ロット管理でダァーーーっと生産できる方が
              生産効率が良くて
 
            結果として、薄い利潤を積み重ねる事で
              収益が出る!

   まぁ、販売店も、メーカーも
       苦笑いながらも、握手した結果が
           こういう生産品という事になります。


     これは、自転車好きとしては
            ちょっとさみしいなぁ~

      それでも、部品単位で「品質管理」はしてる
           ブリヂストンさんですからね~



      これ・・・・どこで?仕入れた!!
               ママチャリとは

                  似て非なるモノなので、ご安心を。

  いや・・・フォローもしとかないと
         「アスモ」買っちゃった人が
             ズウーンってなっちゃうでしょ、ズゥーンって

   本当!、問題ないよ~
       ちゃんと「お手入れ」すれば・・・

    シティサイクルの、
        基本のお手入れの仕方はまたいずれ~~
        
         マウンテンバイクや、ロードバイクと
             違って、すこ~~し面倒だけど

                ちょこっと手入れすれば、
                  「長く、快適」に乗れますよ~


   たかだかママチャリに2ヶ月も考えるかぁ~?
       って聞こえそうな、
         
         娘の中学通学用の自転車選び。
     
     子供の命を預ける「自転車好きなパパ」は
         こういう、トコロにしか愛情表現出来ない物なのよ~


  さぁ、「前振り」が長かった!、長すぎた!
 
       自転車フリークのトングのチョイス!
            次回お披露目です!。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ       
2015/02/26 21:18 (木)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

サイクルベースあさひ オリジナル ブリヂストン アンダンテ 中学生 女子用 の 自転車選び その5


自転車って、実はメーカーから
   小売店の「街の自転車屋さん」に送られて来る時は
      7~80%の状態で送られて来ます。

   とにかく「荷物」としては場所を取りますから
     ロット単位で発送する方も、される方も大変!

     そんな訳で、残りの
        ハンドル取り付けあたりからは
           「街の自転車屋さん」が仕上げます。

自転車の調整と言うのは・・・
  例えばブレーキワイヤー
    3mm違えば、効きも違えば、タッチも違う
    
     その最後の調整するのが「街の自転車屋さん」
        資格は「自転車安全整備士」なんだけど・・・・

     ホームセンターでは、バイトさんが組んで
        最後のチェックだけ、資格を持った人がする・・・
           ってのが実情だったりします

サイクルベースあさひさんは
    レースに出れるような、自転車は置いていないけど
      中堅自転車まではカバーしていて、

        どこの店舗でも、その資格を持っている店員さんが
          整備をしてくれるお店。

  「専門店」の名のもとに
     老人が引きずってきた、パンク自転車を
       「ウチはそういう店じゃないんで!」

 湘南台の「プロショップ」という名の 人として最低な自転車屋

       な~んて、絶対言わない「街の自転車屋さん」

 そんな信頼と、
    チェーン店で大量に売る事が出来るので
         メーカーさんとのタイアップも可能!

   大手・ブリヂストン

   そのブリヂストン      
      ノルコグWという自転車をベースに
        お値段はほぼ同じで


    ・・・・・いや、いきなり値段上がったケド
              一応、内装5段になっているし



                この後の「付加価値」を見て頂戴な!

         落とすところは落とし
           あさひさんが、必要としたトコロを
             上位の部品に変えた

         サイクルベースあさひの
              オリジナル快速車モデルが 「アンダンテ」



 まず、ブリヂストンの大きな特徴をば・・・
  


 はいっ!よく見て!!
     このチューブとチューブの重なるトコロにある
       「カバー」、自転車用語でラグ溶接

     野暮ったく見えるかもしれませんが
       自転車を漕ぐ時、力が入り
          よじれ、ねじれ、
            最悪クラックというヒビが入るのが
                 チューブの溶接部

  ここを「差し込んで」溶接する事で
          強度は桁違いになります。

  ブリヂストンの、上位プロチームもある 
      オーダーフレームも作る
         スポーツバイク専門の 「アンカー」も
                   この方式を貫いています。

  古式ゆかしい方式なのですが、
    ローコストの時代に流されず、
       ママチャリにまで、その安全性を
          受け継がせるのが「ブリヂストン」!

     うわっ!、すごいベタ褒め!
          ここまで持ち上げたら、何かくれないかな~

      なーーんて、
        トングの最初に買ったドロップハンドル自転車が
          ブリヂストンの「ロードマン」(歳がバレる~)
            で・・・色々な「思い出」と
                   「思い入れ」があるのですよ~

 はいはい!、昔話は、置いておいて
    ノルコグからアンダンテで、一番変化しているのが
       前ブレーキ!



   2ピボット・・・・支点が2箇所で操作感がとても楽

      何よりホームセンター系の板ブレーキとは、
         明らかに、精度と安心感がちがうでしょ?



   あと、前かごが大型になって、ステンレス製になってます
     強度が上がった事で、これだけ
       「網の間隔」を開けられたので
          空気抵抗がかなり減っているハズです。

   ここら辺は、流石、街の自転車屋さん
       必要なモノと、乗り心地のすり合わせが、素晴らしい!。



  リムとニップルもステンレス
      が、スポークが鉄だったのは・・・コストの関係かな~



  前のハブダイナモも、1ランク上のモノが入っていたので
     ベアリング精度も上がって、よく転がってくれるでしょう。

逆にダウンしたのはLEDライト



  ノルコグは、前かごの下、真正面を向く
     軽いタイプなのですが・・・・

       ここら辺は、簡単に交換可能だから!、OK!OK!


 トングの色眼鏡見てるので
    もっと変更してる部分があるかもですが、
       ノルコグWより、
         アンダンテの方がお買い得感はありますね~


  でも・・・・トングの娘には・・・

           アンダンテ買ってないんですよね~

                 ・・・・・・えっ!!!!


  まぁ、まぁ、
     2ヶ月の思案の末の決断を、ご披露する前に、

  同じブリヂストンが、
     「ホームセンター」とタイアップしたら
         全く同じ価格で、どこが変わるか!?
             「検証」してみたいと思います。

     次回はブリヂストン、カインズオリジナルモデル、アスモです。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ  

2015/02/25 03:32 (水)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

カインズホーム キラリ(Ki・La・Li) 中学生 女子用 の 自転車選び その4


この2ヶ月
  中学にあがる「娘の命」を預ける為に
     既製品のママチャリを調べまくった         
             自転車フリークのトングが

  「おっ!?」っと思ったのが
     カインズホーム キラリ(Ki・La・Li)シリーズ



     シルバー、内装変速、等など
        中学校からの「無個性・画一化」指定の条件の中で

     中々上品な塗装と仕上がり
       シルバーとガンメタの「中間」の
         塗料の色味を「狙ってくる」あたり、面白い!

     また、サイドに反射材を散りばめて・・・だからキラリかぁ~
       視認性を高めているっぽいですね~



     その分、お値段は
    ホームセンター自転車 中学生 女子用 の 自転車選び その3 安い理由
        標準的なホームセンター系の
             快速自転車より割高です。

   では、品質はどうか比較してみましょう。

 まず一番大事なフレーム


    
     男子が乗る「スタッガード」
       と言うタイプは問題無いのですが・・・
     スカート前提の女子が乗る
       アンダーチューブが曲線を描いている
          「ダブルループ」の上チューブが
            下がりきらずに、途中から上部に上がっています
      
     娘にまたがらせて見たところ
        案の定、足を抜く際にチューブに
          靴底が当たります。

        トング自身も試して見ましたが
           かなり膝に負担がかかりました・・・・
               歳をとると、足が上がんないのかな~?

         でももっと言えば、
           アンダーの下チューブなどストレートチューブ。 


 「ははぁ~ん!」、これは
       フレーム剛性の弱さを「稼ぐ」為の
         フレームの配置だ!・・・・
               負け惜しみじゃないんだからね!

    スポーツ自転車は、基本はダイヤモンドフレームでしょ?
 エコさは世界で1番!クリーンで仕事効率の良い乗り物 ロードバイク

    「囲う」のと「コの字」では、
       必要な強度が全然違うのですよ~

    しかもチューブ同士の接続は
       やっぱり直接溶接!、アルミならまだ分かるんだけどね~

  「「カタログの無い」」ホームセンター自転車では
     材質スペックまで調べられませんが
         この形状だけで、トングは怪しんじゃいますね~  

     それが「間違い」だったとしても
        子供の乗り降りに問題がある自転車は・・・・パス!

     だって!、自転車の公道での事故で
        一番安全なのは「自転車」から離れる事なんです。

     自転車と絡み合ったまま、こけると
       頭も打ちやすいし!
        ハンドルが胸やお腹に!
          抜けなかった足は、
             自転車の駆動部のどこかの
               下敷きになりますからね~


 さて、怖い話はコレくらいにして
    付属品を見てみましょう! 

 内装3段は、シマノのネクサク
    リアのローラーブレーキ、ここら辺は安心パーツ

 LEDオートライトは・・・・


    やっぱり旧式のヤツか~

        ここにライトがあると
          前かごのスティを曲げなければいけないので
            鉄チンになっちゃうんです

   んっ!、もしかしたら・・・・
     スポークを指で弾くと・・・やっぱり鉄チン!



      トング在住の田舎は、海に近い住まいの子もいるから
          手入れ次第だけど
              3年間・・・・持つかな~?

   もちろん、前ブレーキも



    安定した「不安」の
      板ブレーキ・・・・
        でも、ブレーキシュー(ゴム)はすごく柔らかいのが
          入っていたので、

        「選びに行った時」は
          ブレーキが効くように感じるでしょうね~

        「柔らかい」は「耐久性」を犠牲にしているから
          自分で変えられない方は
           部品代+工賃が、プラスされます。


  そうそう!、今回のトングの自主的
        ママチャリ勉強会で分かった事ですが

    「今」、新車で店頭に並んでいるママチャリの
      リアブレーキ!、これひとつの見分け方になります!

     今はキーキー鳴らない「ローラーブレーキ」が主流

       そこに「ドラムブレーキ」を使っている自転車は
           もう、どうしようもないぐらい
              部材代を削っています。

           コレは手を出さない方が、宜しいかと・・・・




  ただ、究極のエコロジー!
      「お下がり」自転車を貰える方は
          その時代の主流の、品質の良い
             ドラムブレーキだった可能性もあるので
         
                 悲観されませんように。


 さてさて!、これでやっと!、本当にやっと!・・・・

     「メーカー系の自転車」をご紹介出来ます!
           ・・・・これで、やっと自転車を褒められる!

        今まで厳しい事を書きましたが
           「好きな自転車」だからこそ!
                  分かって頂きたい!

             そう思って頂けると、ありがたいです!

       決して!、クレーマー
          「嫌っ子、トング」じゃないからね~


  まずは、ブリヂストンと
        大手サイクル量販店、サイクルベースあさひの
            共同開発の

          ブリヂストン、アンダンテをご紹介します!

            「春の自転車」
               購入ご検討の方!、お楽しみに~

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   
2015/02/24 02:38 (火)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

ホームセンター自転車 中学生 女子用 の 自転車選び その3 安い理由



ホームセンター系の
   自転車最大のメリットは「「価格」」

       実は、ママチャリの最大のトラブルは
             「盗難」や「いたずら」

        価格が安ければ「もし」の場合・・・・
                ・・・・あきらめておなじ物を・・・

   おバカぁーーーー!(失礼)


       そういうモノを大事にいない気持ちが
          駅前の、山積みの放置自転車、そしてゴミ問題
                ひいては環境問題にエコロジー・・・・

       で、パンパンの最終処分場を
          さらに圧迫するんだから!

  最終処分場の 近くに住む者の 「苦しみ」 そして・・・・ 

 そんな訳で、いきなり格安ゴミ自転車・・・・おっと!
    をご紹介するのも「悪口オンリー」になっちゃうので
 
   D2オリジナル自転車のレビューです。



  ホームセンター系で18800円は、
         「んっ」っと思われる価格設定かもですが

       トング家は、田舎でも・・・・・町はずれの高台
       
         上り坂があるので、変速機付きが必要だったのと
・・・・学校指定で「内装式」オンリー

         登りに強い
            LEDのハブダイナモのみを選択したので
                「ここら辺」からの価格になりました。


              
               このシリーズモノに
                 シティサイクル特集は
                    この条件「基準」に
                       相見積もりしています。

さて、D2オリジナルは
    前後の「ハブ」(全後輪の軸)はシマノ製



  ついでに変速機もシマノの
         グリップ3段変速。



     スポーツ自転車の世界では
         イタリアのカンパニョーロ
    エコさは世界で1番!クリーンで仕事効率の良い乗り物 ロードバイク

         日本のシマノ
    里山シーズン到来!、ポタリング専用というには贅沢すぎるMTB

    この2代メーカーが「コンポーネント」のシェアを占めています。

  実は、スポーツライドでも、
       実用一点張りの荷車・実用車でもない
         
          ママチャリという「文化」は、
            日本とほんの少数の国のものなんですよね~

       この「目的意識」の薄さが、
             ゴミ問題の根底なんでしょうね~


さてママチャリを、
   視点を変えて営業面から見ると
       とにかく単価が安いですからね
       
   「「どこを削る」」かで利潤を何とか出しているのですよ


  ホームセンター系の
      「カタログ」さえ用意されていない(これひとつの目安)
          ママチャリでは
      「見えない部分」のベアリングに
         制度の悪い
         「ゴリゴリ」しているモノも珍しくありません

 その点
   シマノの「ネクサス」が入っていれば
            ママチャリとしては十分な安心感。

 ちなみにあとベアリングチェックすべきところは
     左右ペダル、これは交換容易ですが

      以下のベアリングは、専門工具が必要になり
        自転車屋さんに修理に出すと、
           安いママチャリ半分位の工賃がかかります。

      ひとつは
         ハンドルのヘッドチューブの中
           上下2段のベアリングが入っています。

      ハンドルを左右に振って、
         ちょっとでも「ガタつき」を感じたら要注意。

     もう一つが一番重要、
         左右のペダルに繋がっているクランク
           そのクランクを本体に繋いでいるトコロに
            「ボトムブラケット」というユニットがあります

   この場所に、
     海外の品質管理が行き届いていないパーツを組み込まれると 
        バラシて、刻印を見るまで、
           見分けがつかないのが「実情」なのです。

 自転車は
   乗り手の脚力がエンジンですので
    ボトムブラケットは一番「力の入る場所」!

     ここに
       精度、耐久力のないパーツを使われたら
             辛い自転車ライフが待っています。


さて、ではこのD2ママチャリは
       どこを削っているかというと・・・・
           見える範囲ですが

   まずLEDライト



     ハブダイナモが出始めた時の旧商品。
       現行品は、大体フロントのカゴに着くタイプで軽い

   次にブレーキ、



     旧来からある、板っぺらブレーキなんだけど、
       ザラっザラっの精度でした。

   そして鍵、


     盗難防止で、鍵を2つかけるのがのが今の主流なんだけど
        薄い亜鉛合金を、軽くプレスしただけの
          マイナスドライバー1本だけで
             破壊出来そうな品質なので
               別買いでワイヤー錠は必須かな。

 謳い文句通り、ハンドルはステンレスだけど
    泥除け、スポーク、ニップル
      その他、細々としたトコロ、
         ステーやネジ類等など、
           「コートの無い」鉄チンパーツで



     サビとの戦いに覚悟が必要そうです。 


 そして何より、トングが気になったのが
     フレーム強度!



   これは、残念ながら
     良い意味での「鉄のしなやかさ」では無く
        材質の問題と、溶接盛りが「不揃い」での強度不足

     多分「ハズレ」の個体を買うと
       この溶接部から「クラック(割れ)」が入るレベル。

 トングは
   怪我だらけの BMX street ストリートスタイル
   こういう事もやっていたので

     自転車にクラックを入れた経験もあるのですが・・・・
       怖いよ~、全く言う事きいてくれなくなりますからね~


  ん~、かなり厳しく書いた感じですが・・・

     2ヶ月間、真剣に
        「娘の命」を預ける!
           快速自転車と、向き合って来ましたからね~
        

 フォローになっちゃいますが、
       このD2ママチャリは
          値段と品質レベルは、
             まとまっている方だと思います。

  こうやって考えると・・・

     日常、私たちが走っている公道には
         「怖い自転車」に乗った!!
              子供たちが・・・・・
                   って事なんでしょうね~

まぁ、もうオチが透けて見えてるかと思います、
    早く、「メーカー系」のメリットをご案内したいのですが
   
  せっかくなので、
       次回、もう一回だけ、
          ホームセンター系ママチャリをご紹介~

           お値段24800円

              さぁ、この6000円に
                どんな「付加価値」がつくか?
                    お楽しみに。
                   

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2015/02/23 06:00 (月)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

酷使されるママチャリ 中学生 女子用 の 自転車選び その2


自転車通学用の
  中学校からの指定の条件は

 銀色、前かご、後ろキャリア、チェーンカバー
      ライトに、鍵

   この「無個性」な条件って・・・・
       ホームセンターで9800円で売っている
          普通快速自転車(ママチャリ)で
                十分じゃん!っとお考えの方。

   いや、中学進学時って本当に「物入り」だし!
     ご家庭によっては  
       トング家のように「経済的な事情」(しくしく)
           で、自転車に出せる金額が
                限られている場合もあるでしょう?


  そうですよね~、シティサイクル寄りのママチャリなんて
       平気で7~8万!しますからね~
           
           もちろん!、トング家も
              こんなフラッグシップモデルは
                 買っていません・・・・買えません。

     ん~、この価格って
         小学校時代(今も)
           娘を送り迎えする為に買った

   スズキ アドレス110! は トングと娘 の コミュニケーションスクーター! 

     中古スクーターに、届きそうな価格ですね~
            いや~、びっくりだ! 


ママチャリごときに!!
    っと「心の声」が聞こえてきそうですが・・・・

      「自分の子供」がソレで
         ダンプやトラックが往来する「公道」を走る!

    平日の朝夕、毎日
      しかも中学になると、
         クラブ活動があるから
            土日祝、春、夏、冬休みも使われます。
        
         友達と、遊びに行くのに使うかもしれません!
          ・・・・・彼氏は・・・まだカンベンして欲しいな~
 

  そんな「子離れ」出来ないトングだけではなく
     「親の立場」の方なら

        この親の目の届かない、
           公道を走る「ママチャリの耐久力」に
             
不安を感じた方もいるのでは無いでしょうか?
 
  ここまで酷使されながら
     ママチャリは、基本野ざらし保管ですよね~


   だからこそ!!
     「基本性能に信頼性」のあるものを
        中学3年!・・・・出来れば高校も入れて6年
           娘に与えてやりたいと言うのが
               「トング流の親心」
       
        その為だけの貯金もしてきましたしね~
            確実に貯める! ヘソクリ術 

    ちなみに、ここでいう性能とは、
       後からいくらでも変えられる
          かご、ライト、鍵・・・・・

      もっと言えば、タイヤ、ペダル等だって
         自転車フリークのトングに言わせれば、アクセサリー

 絶対後で変えられないモノ・・・・ソレは「「フレーム」」
                       なんですね~~~!!


  続きのシリーズで、
     ホームセンター系の自転車の
         メリット、デメリットは細かく特集しますが・・・・

             こと、フレームに関しては
                かな~~~~り怖いですよ~


そうそう!、タイヤサイズですが
      小学校卒業時に150cmに達さないであろう子
         トング家の娘などは、26インチ

      ランドセルに「すごく違和感」を感じる
         発育の良いお嬢さんは、27インチ

  パパ身長+ママ身長÷2-5cmが女の子
       同上    +10cmが男の子!

      男の子は、27インチで間違い無いんだけど
        「今」乗れないと、難しいところ何ですよね~!?

 26インチと、27インチの違いは
    自転車のタイヤの外周!



    もちろん27の方が、前へ進む分が大きいので
       スピードに乗れば「快適」
         でも必要とされる「漕ぎ出し力」は重いです。

    26は扱いやすさと、坂道の登りが多少楽です。
     
  あと27インチは完全に「大人自転車」として売られていますが
    26インチの方は、
       小学校の時のジュニア自転車からのステップアップとして
          フレームサイズが選べたりします。

実は、このトングさん、
     自転車選びに2ヶ月の時間を使っています!

 
  さて、次回は実際に、
      ホームセンターで見た自転車の写真をベースに

        この自転車たちの、良いところ
          そして「まずい」トコロをご案内でーす。


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
2015/02/22 06:00 (日)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

中学生 女子用 の 自転車選び その1 前置き~


トングの娘もこの4月から「中学生」に上がります

   子供の成長は、
      本当に、親の想像の「斜め上」を飛んで行きますね


   さて、トングの在住の田舎の中学では
     2km以上の通学では
         自転車通学になります。

  さすが中学ともなると、
     第二次成長期の反抗期、真っ只中の生徒の集団生活
       「目立たない」・・・・もっと言うと
                   「目をつけられない」が
                         大切なんだって!

  トングの娘が、4月からお世話になる
        中学校の説明会で配られた、資料によると・・・
          ソックスまで、指定色の限界が表記してありましたよ

  自転車も同じで、
     基本は普通快速車(ママチャリ)
       色は「シルバー」オンリー、
         前カゴ、後荷台装備
            変速機は「内装式」で、
              ハンドルは「バータイプ」は禁止 

   自転車フリークの
     トング個人としては・・・・
            
        なんてまぁ!「没個性」

          とは思うのですが!
            「名物パパ」になってもねぇ?、
                娘に嫌われるだけなので!
           
     「「既製品」」の中で、
         安全なモノを選んで見たいと思います。


  まず子供からすれば、自転車は良いですよね~
      「世界が広がって!」
          ただし「ソレ」・・・
             親の目の届かない世界なんだよね~

     トング在住の田舎だと
       ダンプやトラックが走る、狭い道もあります


   どれも「見た目」は同じようなママチャリにも、
          操作性や強度、耐久性の違いがあるのを
                考えた事はございますでしょうか。

  まずは、セッティング、
      もっと言えばひとりひとりの身体に
          「ファッティング」が合っているのが前提

  その為にはフレームサイズ!が大事。

      中学生、女子ならプラス10cm、多くても15cm
          考えておけばあとは「調整」で大丈夫なハズです

    水泳とか、バスケとか特殊なスポーツで
         伸びる娘さんは、ごめんなさいですが

    「パパ身長+ママ身長÷2-5cm=その子の基本遺伝的身長」です
           
  つい、サイズ的には
      26インチかな?27インチかな?
         って、ところだけで見がちですが、
       
      ママチャリのフレーム設計も    
          実はメーカーによって、ちょっとずつ違うんですよ~

               ここもシリーズで、おいおいね~

  あと!、自転車フリークから言わせて貰えば
       フレーム材質の精度と、各パイプの接合法

       ここ!、すっごく大事なので
          出来るだけ、砕いてご説明予定です。

あとは、使用期間ですね
  中学3年なのか?
   はたまた高校も視野に入れて6年なのか?

     予算と、減価償却の関係もございましょうが・・・・

  「良い自転車」は、
    消耗部品を交換して
      大事に使えば、フレームの限界まで乗り続けられる
         世界で一番、エコロジーな乗り物です。

      四半世紀前の自転車を大切にしている

 エコさは世界で1番!クリーンで仕事効率の良い乗り物 ロードバイク

         トングが経験の目で
            「その事実」をご紹介したいと思います。


   今から子供の
      「春の」自転車を買おうとしている
              方々に読んで頂ければ幸いです。
  
     
blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
2015/02/21 05:30 (土)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

丸亀製麺 より 美味しい ココロ の うどん


一番最初
  丸亀製麺を食べた時・・・・

    「なにこれ!、ナニコレ!!」って
       お箸が止まらなかったのを、覚えてるなぁ~


  毎月、スクーターで通う
     「かかりつけ」の病院の時も
        いつも車がいっぱいだもんね~

     スクーターはどこでもとめられるので
        出来れば毎月「1日」!
          釜揚げうどんが半額の日に
             診察日を合わせたいのですが・・・・

        お薬の関係で、少しずつズレるんですよね~
          「その理由」で、先生に
            「毎月1日でお願いします」って言える程
               トングのハートは、
                 残念ながら・・・・強くありません。


 その病院に
    点滴の為に、日参するのが最近のトング。

      春 の 目眩 と 「点滴生活」 


  目眩だから、
    もちろん!、スクーターには乗れず・・・・
  
         実父の、ダイハツのミラの後部座席が指定席。

    本当なら、トングが「介護」をしてる位の歳の実父
            ・・・ありがたいことに「元気」なんですよね~

      それ故に
         「申し訳なさ」も大きいのですが・・・・


  さてさて、病院から帰ってきて「昼の薬」を飲むと
          また、眠さが襲ってきます。

    一緒に寝ている
      キャラコ(猫)の耳が動いて
         気配がしたので
           「宅配便」かなぁ?っと
               リビングへ降りていくと、

     ラップをしてこの「おうどん」がありました。

   「島田屋」の出汁に、
      甘めに煮たお揚げさん。 
         大きめに切ったねぎ・・・

                  母屋にいる実母の味です。

   トングの寝室は2階
      実母は、腰が弱いので辛い階段です。
        多分叫んだんだろうけど・・・
          いかんせん、トングの「耳は治療中」

      「味」はご想像にお任せですが
          多分、皆さんが知ってる
            懐かしいって味なんでしょう。


  「本当に、色々な人々に、迷惑をかけているなぁ~」
       っと思いつつも、
           
             「焦っちゃいけない」
        
      ちゃんと、先生の指示にしたがって
            今は治療に「ベスト」を!っを

        それで、いつか
           「何か」を返せるように!

  一杯の「うどん」から
      色々感じるのは、
         きっと、病気のせいだけでは無いのでしょう。 

             
blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

2015/02/20 07:31 (金)|非日常と、日常の境界コメント(0)トラックバック(0)

【完成品】 ライガーゼロ パンツァー ZOIDS HMMシリーズ コトブキヤ


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


やっと来た!・・・トングはこの形態のために
           このシリーズを作ってきたのです!

   コトブキヤといえば、アーマード・コア!!
     模型の中でも、ロボットと
       ミリタリー的な軍用車両として
         本気で融合したシリーズ展開をしている
              ガチな模型メーカーですが・・・・

   そこがおもちゃメーカーの「タカラトミー」のゾイドに
      乗り出してから、
         この「パンツァー」は、心待ちにしていたのですよ~!


ライガーゼロ の砲戦に特化した
 チェンジングアーマーシステムCAS「パンツァー」です。

パンツァーって響きだけで、素敵な機体!
       イエーガー、シュナイダーも含めて
            ドイツ名が付いているのは

   きっとこの「パンツァー」から引っ張ったんじゃないかなぁ~!?
     っと邪推をする程、
        元・戦車乗りのトングは
           この機体が好きなので、力が入りました。



 素体のメタリック塗装と
   シリーズ唯一のソリッド塗料でのつや消し塗装仕上げの
      対比は狙ったところです。



 今回の各ユニットのコンセプトは
    イエーガーはメタリックのグラデーション
        シュナイダーはパールコートのクリアー塗装

    これは全て、「素体」との組み合わせで
       各ユニットの「イメージ」と「変化」を
         狙っての差別化です~

  いや~、長かった
    コトブキヤの、ライガーゼロの制作レビューは
       これで終わりですが・・・・
         



もう少し詳しく見て頂ける方は・・・・
    このパンツァーは是非見て頂きたいな~~
      トングの模型製造工場
【完成品】 ライガーゼロ パンツァー ZOIDS HMMシリーズ コトブキヤ

    こちらも、どうぞ~

    長いシリーズモノ、
        お付き合いの程、ありがとうございました~。

2015/02/19 00:45 (木)|トング 工房コメント(0)トラックバック(0)
プロフィール

tongu144

tongu144
はじめまして、トングと申します。


駄バイクと駄おっさんが、ゆっくり毒抜きしながら、生きていられる喜びに感謝してる・・・そんなブログです。

フリーエリア
カテゴリ
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
リンク
グーバーウォーク
FC2カウンター
月別アーカイブ