FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- (--)|スポンサー広告

軽自動車としての スズキ という老舗。


スクーターのグリップ交換の途中ですが
   まず「スズキ」というメーカーを考えて見たいと思います


今でこそ、軽自動車といえば、

    「スズキ」と「ダイハツ」の、2メーカーを思いつきますが、


  トングが子供の頃・・・・いつだったけかな~?
       軽自動車が「今の規格」になる前
            もう一回り小さい時、(歳がば~れる!)

        軽自動車と言えばスズキ!、だけ

          
 小さなボディに、走る曲がる止まる!
         そして最低限の居住性まで
             全ての機能を

             押し込ま無ければならなかった為!

       スズキ「独自」の配置が目立ちます。
          これが、 
          スズキの車は整備性が悪いって言われる
                 所以じゃないかな~~~?
         

 でも決して、性能が悪い意味ではなくて!
     特にパワーに関しては、

     ライバルのダイハツが、
         大型のエンジンとデコレーションインテリアを
            小型化させて、搭載設計させるのに
               対して、
 
    スズキは小さいエンジンから「どう?力を絞り出すか」って作り
 
    その開発陣の「勢い」なのかな~?

     スズキって、同じ車でも
        大体初期型がパワーが大きくて
            マイナーチェンジする度に、
              乗りやすさと引き換えに、                       パワーを落とす、傾向にあります
   
                  そんな癖のあるメーカー

  トングが乗っていたスズキの軽自動車も
          「後期型」になると、アルミエンジンになって              軽くなって取り回しが良くなったけど・・・
     
             でも、中古市場では「初期型」の方が
                   圧倒的に価格高いんです!

  「走り」を求める
     オープン2シーターって
         「特殊」なジャンルって事もあるのですが・・・・


  それでも、戦車~スクーターまで
         色々な乗り物に乗って来た
                人生の中での経験ですね~


   あと!、スズキってエアコン!
              絶対!壊れるんですよね~

             少なくとも、トングが乗ったスズキ車
               周りでスズキに乗ってる人
                ほとんどエアコンガス抜けちゃって!

                   お高い、修理費払ってますね~
        
     まぁ・・・トングの「狭い」人間関係・・・・ぐすん
                の中だけの?話かもしれませんが                      

   あ~ちなみに
        「今更」だと思いますが
           トングはスズキの、軽自動車好きですよ~~

   エコロジーにハイブリットカーは必要か?番外編 スズキ・ツイン の選択!
                         
  
     エアコンなんて、壊れたら外しちゃえば良いんですよ!
        オープン2シーターにとって!、
            エアコンなんて飾り!
               どうせ使わないデッドウェイト!

   このユニットとったら、すごい「軽量化」になるんですよ・・・・

        
   でも・・・この「スポーツカーの理屈」を
           全て一般軽自動車 に当てはめると・・・
                    ドン引きされそうですが


どのメーカーだって独自の「癖」はあるんですよ~

      トヨタやダイハツは、ダストブーツが切れやすいし
         日産は塗装が弱く、錆びやすい
            スバルはシャフトに無理がかかるし
              三菱は・・・・ニュースのアレですしね~


え~~~皆さん、何かしら車をお持ちだと思うので・・・・
    
            「悪口」書いて、ゴメンなさい。


  さて、遠回りしましたが、
         そんな特殊な「癖」のあるスズキ

          その精神は・・・
             スクーターにも反映されていました!



   次回こそ、グリップ交換、アクセル側です!



blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

            
スポンサーサイト
2013/05/18 20:07 (土)|CPI GTRコメント(0)トラックバック(0)

サイズの合わない スクーター の グリップ を フィットさせる! スズキ アドレス110編


アドレスから外したグリップと
   ヘソクリで買った
       デイトナプログリップ601!

   大体のスクーターの左グリップはφ22.2
         外したグリップはφ19.7

       ハンドル径はφ20.0だったという
                  驚愕の事実!!

       デイトナのグリップを入れたら・・・スカスカ!

ほ~らね!、スズキって癖が強いんですよ!
        乗った時の癖も強くて、ツボにはまれば
           すごいパンチ力が魅力なんですけどね~

     この際、整備性の悪さは
         「走りの良さ」でチャラで目をつむるから・・・・

      せめて・・・汎用部品の規格だけは!統一して欲しいなぁ~

  特売で送料混みで1640円!が無駄になっちゃうじゃん!!


  でも・・・だ~じょうぶ!、この機用貧乏のトングが!
                   ・・・・んっ?

               なんとかしてみましょ!

とりあえず「下地」は
        「モノ作り」の基本!

     油分や汚れを取る、「脱脂」という作業です
       ブレーキクリーナーでも良いのですが
         模型の制作依頼を「生業」(おっ!良い響き)
           とするトングは、シンナーで行います!



    ここからが、やっつけ仕事・・・・もとい!裏技

        様はスカスカなんだから「スペーサー」っぽい
          モノを挟めば!
            後はグリップのゴムが締め付けてくれるハズ!

   で!、工具箱をゴソゴソとやってみたら
        2センチ幅のビニールテープを発見!!



   ただ巻いてるだけじゃないですよ~
      テープの端っこを斜めに切って
        「反時計回り」に、1/3位重ねながら巻きます!

      これは通常、スクーターのハンドルを握った時に
        「締まる」様に!・・・・
                  実は、テニスのグリップの巻き方!




  それから!、接着剤を「潤滑剤」代わりにして
     下地のビニールテープの「巻き」に逆らわず
         同じ方向に「こじ入れて」行きます!



   模型フリークのトングから言わせて頂くと・・・
       
         「接着は!圧着が命!!」

      スクーターのグリップのような
         やわらかい物には、
            太目のアルミ線が、とっても便利!

              折り目をつけない限り
                何度でも使える、単純工具!
                         100円だし・・・



    えー写真はアクセル側なんですが!

        さすが!、スズキ車!
           こっちは、また別の・・・

         スズキ・トラップが待ち構えているのでした~


    次回も!、この手間のかかる罠を
          模型の技術「だけ」で!、なんとか
                   乗り越えて見せます!
                     
                       お楽しみに~

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

2013/05/17 18:24 (金)|CPI GTRコメント(0)トラックバック(0)

スズキ の スクーター の グリップ交換 は・・・・・・特殊!!


スクーターのグリップって
    大体「非貫通」型っていう
       エコノミータイプ

 あとハンドル幅が
   ファーストスクーターのジョグ君は
         64cm



   セカンドスクーターのアドレス君は
         60cm



      さすが!スズキのスクーターは
         「通勤快速」の2つ名は伊達じゃない!

   この4cmは、都市部の「すり抜け」に
       絶大な効果が・・・・


   でも!、トングは「田舎暮らし」
     そ~~んなに、すり抜けを求められないので


    アルミグリップエンド・・・
         本当は転倒時にハンドルを守るものなんですが
            今のカスタム車では・・・ファッションかな~
 
んっ!そういえば!現在不動車のCPI GTR
         にも付いていた!、ニヤリっ!
            流用し~ようっと!、



 さて、実作業に入りましょう!
      グリップ交換は「左側」から!
         右はアクセルがあるので、
          2重構造になっているので、
              
              まずは左で様子見と練習!



    いつものように、
      六角レンチなど、細い工具で隙間を作って
         ブレーキクリーナーを塗布・・・とふ・・・

               工具が・・・・・奥まで、入らん!

    スイッチユニットが大きすぎるのか?
        いや!、これはちゃんとした理由があったのです!


   それでも!、取り合えず、グリップ取っちゃいましょう!
          根元がダメなら、裂けるのを覚悟で
                      エンドから!




    エンドに2mm位の穴が空いているので
       ここからドライバーとブレーキクリーナーを入れて
           ノーマルグリップを取り外します!


・・・・・ん!、何か違和感が・・・
       新グリップと比べると、穴のサイズが 

   スクーター の グリップを交換する! 異型グリップの特徴!デイトナプログリップ601 レビュー

   え~~~っと!、スズキさん?

       左のハンドル径が2cmしかないのですが・・・



     普通のスクーターは・・・・・
         左φ22.2 右φ25.4!

   さぁ!、どうするトング!
       ヘソクリで、ニューグリップは買っちゃったぞ!


  次回は、恐ろしい「素人のつじつま合わせ編」です!



blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2013/05/15 21:55 (水)|CPI GTRコメント(0)トラックバック(0)

スクーター の グリップを交換する! 異型グリップの特徴!デイトナプログリップ601 レビュー


スクーターのグリップって
    色々種類があるので

        選ぶのが困ります!

こういう時、ひとつの基準になるのが
         「過去の経験」。

  ヤマハ JOG ジョグ スクーター の グリップ交換 ~ケチケチ編~

    トングは、デイトナのプログリップってのが好き!

     前回のジョグ君に使ったデイトナ724は

      握りやすく、程よく柔らかく、突き上げを軽減
         それでいて、レスポンスが良くて
            目からウロコでした

    やっぱり!、直接タッチする部分の交換は
            印象ががらっと変わりますね~


さてトングのニュースクーター
    アドレス110は、独自のラインで特徴的とはいえ

      スズキ アドレス110! は トングと娘 の コミュニケーションスクーター!

    リアボックスまでつけた「壮年仕様」!・
         娘の送り迎えがメインの用途なので

          ランドセルと月曜バックを収納できる
                        実用主義!!

なんだけど、なんか、ワンポイント欲しいな~・・・悪い癖

       で!、グリップ交換っとなりました。


  選んだのは、デイトナプログリップ601



     異型グリップなんですが、
        アドレスは、娘(小5)とのタンデムでの

            「ツーリングスクーター」と

                位置づけしましたので!

          楽チンにするのが目的です!
 

実は、異型グリップ初めてでは無いのです。

     里山シーズン到来!、ポタリング専用というには贅沢すぎるMTB

       マウンテンバイクにも付けています



異型グリップは、
     小指に向けてグリップが膨らんでいて
       手のひらにフィット!
          肉厚なので握り心地が楽なのですが・・・

       反面、パーツとして重量が増える!
         それと肉厚故に、路面からの情報量が減るのと
            レスポンスが鈍くなるかな~?

          あとハンドル角が、微妙に後退するので
             最初に調べる必要がありですね~


   それと!、スクーターの異型グリップは
            別の、メリット、デメリットがありました

      それは・・・・シリーズ最後に!



  次回は、またまたメンテナンス編!
 
       整備性の悪いスズキ車!
 
          やっぱり今回も、トラップが隠されていました!!


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2013/05/14 10:16 (火)|CPI GTRコメント(0)トラックバック(0)

エコロジー としての「水」  シリーズ6  水道水を美味しく飲むには!


トングはいつか
   宇宙船に乗りたい!って夢がありますが

  今は写真を見るのが精一杯


 その写真に写る「地球」は・・・
    陸地を除くと、青と白のツートーン

 青は海で、白は水蒸気になった雲
    この雲が、塩分を分離して

    「降水・地下水・河川・河口・海」

            エンドレスの営み

  私たちが使えるのは「河川」からが大多数
             ・・・・なんだけど

  治水の名目で、
    3面がコンクリートで囲まれた
             河川って多いですよね~

    これは、上流から下流まで、
       「あふれない」ように水を流すって設計思想。
     都市部に行くと、4面コンクリートにして
        上にビルや、道を作るケースも多いようで。


川っていうのは、「それ自身」に浄化作用があったのに
     それをコンクリートに置き換え
        その上、以前は無かった
          新しい化学的な廃棄物が流れ込めば・・・
                   
           そりゃ、塩素だけでは
              水道水の消毒は
                間に合わなくなりますよね~


 さて、安全な水道水を作るために「素人考え」
  
     まず、「降水・地下水・河川・河口・海」を
        ワンセットで考えることから、はじめたいと思います。


降水・地下水は、コンクリートのダムは最小限にして
         山に「緑のダム」としての機能を戻す!

      スギやヒノキではなく、
         落葉広葉樹で、しっかり根を張るものを
           バランスよく植林して            「森自体に」!
     1年分程の水分を蓄えられるようにする!
    
         落葉広葉樹なので、落ちた葉は腐葉土となって
            山自体を豊かにして、
 
         少しだけ多めになったものを畑の肥料として使う!
            これで、化学肥料と農薬を軽減できます
 
 工場の排水は、もう少し基準を厳しくして
      企業に、経済だけでない「エコロジー」を理解してもらう!

         循環型ライフエコロジーを考える! シリーズ1 エコロジーの正しい意味

         その上で、植林やビオトープなどに
               「人的」な力を貢献してもらう


    ・・・ ビオトープってのは、
          スイスで始まった「近自然工法」で
            河川を管理する方法です


もちろん、私たち「一般ピープル」も!
       水への関心を高めて、生活の中で工夫をする!

         便利すぎて忘れがちな 「エコロジー」 ボディシャンプー は 何プッシュ?
         循環型ライフエコロジーを考える! シリーズ6 お風呂は海の入り口なのさ!



  さぁあとは・・・・・・
     「河口」ですが
       町から出た廃液を海に流すことは出来ません。

  原発の冷却水を海へ・・・・ってニュースを
       見ましたが、アレは、とても無責任すぎると思う!


 昔は、汚れ自体が少なかったので
      水草やヨシ原の浄化作用で何とかなったのですが・

     今や、日本の自然海岸は50%
       そういえば、防波堤やら護岸工事で、コンクリートだらけ

     東京湾なんて、埋め立ての連続で
             原型とどめてないし・・・


  この河口工事の特徴は
      、一度行ってしまうと
            二度と、自然には戻せない!。
                   っという事にあります

        
           私たちが「汚した」淡水を海水に戻す!!

                 トングは、これからの
                    課題はココだと感じています

   循環型ライフエコロジーを考える! シリーズ5 サーファーから見た海の環境問題・・・




昭和20年代、多摩川はそのまま飲める水質だったらしいです。

      それがトングが住んでいた昭和50年代は、
                     水質ワースト・・・


   でも、大勢の人の環境問題への意識変化と
          人口が多いゆえの「潤沢な資金」のおかげで

            今は、サケやアユが戻り初めているそうです。


    水自体が多くても、循環する「一連の流れ」に
         関心を持たない限り、
            水道水はどんどん、危険になるでしょう


      逆に、一人一人が「おいしい水道水」を望めば・・・・
          日本では、ペットボトルのゴミを出す

       循環型ライフエコロジーを考える! シリーズ12 上っ面な リサイクル

           ミネラルウォーターは必要無くなる!

            「水」を誇れる国になれる!
                     可能性がある

   
    そんな、希望的観測をもって、
          この「エコロジー と 水」シリーズ
                  終幕とさせて頂きます。


長いシリーズに
  お付き合い頂きありがとうございました

      コップに入った「水」を飲む時
          この記事を
         少しでも思い出して頂ければ、うれしいです。


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


2013/05/12 21:31 (日)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

エコロジー としての「水」  シリーズ5 川のエコロジー


水資源という意味で言えば
   日本はとても恵まれた国です

 島国ゆえ、高い山々のおかげで
     「真水」が
  水道管をひねる勢いよく出る
    そんな環境を「日常」としているのですから


では!、安全かっと問われれば・・・
    問題があるっと言わざるを得ません。


 例えば「食べ物」、
    日本の食料自給率はどんどん下がり
       海外からの輸入がメイン


   ここにも・・・・間接的に水分が、
              入っているのです。
     
例えば
  トングが大好きなトマト

     おっさん世代の 「夏」 の数少ない楽しみ・・・・トマトの正しい食べ方?

     これ1個作る為に使われる水は13L
     リンゴあたりになると70L もの

       日本とは規準の違う水が使われています。


日本の飲料水が基準が、安全か?っと言われると
    エコロジー先進国
         環境問題に超厳しいドイツでは

       ちょこっとだけ 洗濯機で 出来るエコロジー・・・・・節電かな?

      日本の飲料水基準は、通じません。
         


  また、日本での食物作りは、効率性を求め
      大量の肥料、

      本当は3回に分けて撒かなければならない農薬を
        農薬散布のラジコンヘリ代を節約するため
          1回の高濃度で終了させる・・・

      循環型ライフエコロジーを考える! シリーズ3 環境ホルモンの恐怖

     最終、出荷の時
       「基準」を通ればOKな作り方が、目立ちます。



  この作り方では、元々土が持っていなかった
       肥料が土壌にたまり、それが河川に流れ出します。

        それが原因で水藻が育ちすぎ、酸素を奪いすぎ
            魚が住めなくなった川もあります。

その他にも
  最終処分場から漏れ出す、水銀、銅などなど重金属のたぐい・・・
        ゴミ処理場の近くで、
         「カドミウム米」がっ・・・・
              てニュース聞いたこと無いでしょうか?

私たちの日常から出る排水
       例えば、よく泡立つ石鹸

    これには「陰イオン系界面活性剤」ってのが入っていて・・・
               
                ぶっちゃけ、割れないシャボン玉!
                   
       これが毎日、
          私たちのお風呂や洗面台から川に流しています。

     便利すぎるのが「当たり前」になって
          無駄に消費する毎日
 
        だから!ちょこっと前の「勿体ない」を忘れちゃう。

          便利すぎて忘れがちな 「エコロジー」 ボディシャンプー は 何プッシュ?
           

    
ん~!!、今回は暗く「救い」のないネタですね~
        でもこれが、私たちが目を瞑っている
              環境問題の「現状」


     次回は、この水を如何に「改善」していくか?
         前向きに考えて見たいと思います。


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2013/05/11 21:43 (土)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

エコロジー としての「水」  シリーズ4  水環境を破壊しているのは誰だ!パート1


ほんの四半世紀前

   どんな神社仏閣・・・
      お社や境内に行くと「御神木」と呼ばれる
    
    天に届かんとばかりの
      大樹があり、その木漏れ日の下に寄せて頂くと
         厳かな気持ちになったものです。

     その独自の雰囲気は・・・・
            とても少なくなったように思います。



また同じように森にも
     ブナやケヤキ、白樺は
 
        人工植林の為に、スギやヒノキに植え変えられ

         それも林業の衰退の為に
            枝打ちすらされず、放置され
              中途半端な「森」が今の現状です。


    原生林の木は、深く根を張り
        土をしっかりと捕まえ、
          寝水を濾過してくれていました。

  ところが、人工植林では、
      濾過どころか、土そのものを流してしまいます。
         これが、水源の汚染ですね。



次に、山間にあるゴルフ場・・・
      TVで見る度に、トングは違和感を覚えます。

     トング家のたった100坪の芝の庭を雑草から守るのに
         何回、草抜きをすることか!!

 ところが、ブラウン管の向こうに18ホールも
    広大な土地の芝生に、雑草がない!
         それはとても「美しいコース」なのでしょうが

       芝生の為だけの薬剤を使って
         維持管理している、娯楽施設。
     
      
    これのタチの「悪さ」は、
        広大な土壌そのものを
          「自然」から切り取っている!ところ。

         切り取られた土地は、
            自然の動植物の存在を許されない世界。

  エコロジー=環境問題として見た時 
         なんとも!、傲慢なスポーツでは無いでしょうか?

         ここで芝生のために使われる薬剤は、
            とても強力で、その副作用で
              持続性が長いという特徴があります。

  これは、土壌の深くに潜り込み
      地下水や伏流水を通して、・・・・また川へ注ぎ込まれます

       
        ゴルフ場のグリーンの綺麗さは・・・

            写真のブナ林とは、根本的にちがうもの。



   生産工場から出る廃液は、
       詳しく書かなくても・・・・
          日本のゆるゆるの環境法律ギリギリの「毒」
           
            その時の数値はクリアーしても
               年間通せば?、どれだけの「廃液」を
                 川に流すのでしょう? 


 さぁ、長くなってしまいました
      ここまでは、序章

        次回も、水環境破壊の原因を探ります!


       結論を先に書くと・・・・結局は「人間のエゴ」が
                      エコロジーを遠ざけてる   
              でもそれでは、人類は地球から
                   出ていかなければならないので
                        

                シリーズの最後で、「共存」を
                    模索する!、そんな予定です


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ     
        
2013/05/10 22:23 (金)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

エコロジー としての「水」  シリーズ3  人の営みと、水の特性


2年前の震災の時
  田舎暮らしの、トングの在所の震度は5

   田舎ゆえに、プロパンガスなので
      安全装置をリセットして、火は使えましたが

     コントロールが電気制御になった、
          生活家電は全滅

    そして、一番最後に復旧したのが「水道」
      ライフライン復旧 お風呂に入れる幸せ

    ここまで、3日・・・・たった3日でしたが
      「水」が、ライフラインの中で
        一番、「生命」に直結しているものだと
           再認識いたしました。


  人間は、汗や排泄物で、
      一日2kgもの水分を、体外に出します。

      その際、腎臓から体内に溜まった
         「有害物質」も外に排出される!
             生命のメカニズム!

      小水が出づらいなどを放置しておくと、
           アンモニアが頭に回って
             「病棟」の看護師さんに多大なご迷惑が!

            有毒物質によって
                意思とは関係ない「奇行」を行います


古代のローマ帝国では、
    水道管に「鉛」を使っていたので
        名君と呼ばれた、皇帝が
          晩年、虐殺を行う「暴君」になった・・・
            そんなお話は、聞いた事がおありかと!

            毎日の水の摂取で「鉛中毒」に                      なった可能性も、示唆されています。


  さて、現代の貴重な「水」が安全かどうか?ですが
      「水」の特性に、
          何にでも溶けるという性質があります。

  前記の「鉛」が、そうであり

      私たち「生き物」の営みにも密接しています

       食物を食べ、胃や腸から
         その成分を「血液」に溶かし込んで、     
            体内に運ぶ為に使われています・・・
   
       これは、植物も同じで
            根から栄養素を溶かし込んだ
              「水」を吸収することで
                  成長して行きます。


水の特徴は
  「何とでも」仲良しになって、取り込める性格
  
   ところが、その溶かしすぎる性質が災いして
       
      生産工場などから「大気」に放出された
         窒素酸化物、硫黄酸化物などなど
           自然界のホルモンバランスを崩す
            有害物質をも溶かし込み、
             大地に雨となって戻してきます。

         これが「酸性雨」と呼ばれるモノの正体です。


     この土壌汚染は、植物に吸われ・・・
         
         あとは、雪だるま式に
            食物連鎖で、
              私たちの身体の中に入ってしまいます!


 産業の発達で、生活は「魔法」のように
          便利になりましたが・・・・
                 その見返りは

                とてつもなく大きいモノのようです。



どうです?!、トングだって!
      真面目に書けば、レポートっぽくも書けるんだから!!

     でも・・・・明日は口語体・・・・だって「毒吐き」
                         なんだもん!


    有害物質の大気放出
          それが雨となっての土壌汚染
              そして、健康被害

  この負のスパイラルこそ!
     トングに、エコロジーの最終地点は

      綺麗な「空気」
 
      安全な「水」

      そして「食べ物」

         っと考えの行き着いた「公式」です。


   もちろん!、自分自身の身体で体験している
      最終処分場の 近くに住む者の 「苦しみ」 そして・・・・

  この環境問題が「根底」にある事は否定しません。

   
    でも四半世紀前には、ガンになる確率は25%
        それが今や、50%、
           二人に一人の、異常な環境の国が

            目を背けられている「現実」です。


  少し、一緒に考えてみませんか?    


 次回は、悪いものは悪い!
      口語体で!、

        水環境を大きく左右している
           事柄をクローズアップ予定です~

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


   
   
       
2013/05/09 20:48 (木)|漢(おとこ)の小物コメント(0)トラックバック(0)

エコロジー としての「水」  シリーズ2 「水」というキセキ と 運命共同体


エコロジーとしての「水」2夜目は

   知らずしらず、恩恵を受けた地球という
         人間を構成する成分と同じ「星」

  う~ん・・・・・我ながらメルヘンチックだ!

      でも!、トングにも
   夜空のロマン! 正しい星空の見方!占い?神秘的?スピリチィアル?・・・・・自分の1日は自分のだー!!
         色々な「面」があるのですよ~~~

     まぁ、明日からの
         土壌汚染や、水道水の安全性などの
              環境問題の「毒」に対しての
                   免罪符かな~~~?


太陽系は、46億年前に「太陽」が出来た時の
        「残りカス」で出来ているもの。

   だから、素材になったものは、大体同じ

            大きい木星や土星はガス状惑星

   地球型は、金星と火星、の3つ


     大きさと質量が違いますが
         成分が同じなので、
            「水」がありそうですが・・・・

   水の惑星と呼ばれるのは「地球」だけ


 そこには大きな違いがひとつあります。
            太陽からの距離

        金星だと、近すぎて表面温度は500度
         逆に火星は遠すぎて、-60度
              水分は氷になって地中の中に・・・


    近すぎず、遠すぎず、
       距離感が大切なのは、「人間関係」だけでは無いようです


太陽と良い関係の距離
    地球の雨は
       創世記の、生命発生に不向きな大気を、
          なが~~~~~い時間かけて
             気温そして、空気を濾過してくれて

                現在、私たちが居るのですが

   この水の惑星で
      人が飲める水がどれ位あるか?ご存知でしょうか?

   「海水」が97%
      残り3%の「真水」が全部使えるかって言うと
          ほとんどが氷河や地中に閉じ込められています


      私たちが、川や湖、池などから使える「真水」は
           たった、0.01%以下!!

         今まではこの限られた「水」で
              やりくりしてきたのですが


   世界的な人口の増加
       水源の環境破壊などで
          2025年には
             人口の1/3が深刻な水不足に陥る
                 というWHOのデータもあります。

  日本は人口が減っていますが
         
     ここ数年、Co2にだけスポットをあてられ
         エコカー減税だけがエコロジーといわれている間に
          
    生活、工場、農場、ゴルフ場などなど
      そして最終処分場からの
        エコロジーにハイブリットカーは必要か?シリーズ2 抜けたライフリサイクル
       
        排水、または、にじみ出る、色々なものが

          塩素で、化学的に処理しきれない
            「水道水」を家庭に流れて行きます。

    そう!、水環境は破壊され続けています。


      埼玉県飯能市では、水道からコップに注いだ水が
           泡立ち、その泡は10分経っても消えない。

      越生町では水道水の「原虫」が原因で、大勢が病院にかかった

      水道水ではない物の
         高濃度のヒ素が検出され、
           その後遺症に苦しむ方々のニュースは

        記憶に新しいかと思います。


次回は、地球という環境の「痛み」「苦しみ」が
         そのまま人間の「健康」に繋がっている!

           そんな、視点で「水環境」のテーマを
               進めたいと思います。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
       

   
2013/05/08 20:30 (水)|エコロジー・・・かな?コメント(0)トラックバック(0)

エコロジー としての「水」  シリーズ1 身の周りの「水」


エコロジーが環境問題というのは
      過去の記事に譲るとして

     循環型ライフエコロジーを考える! シリーズ1 エコロジーの正しい意味


   今回のエコロジーのテーマは・・・「水」
      とても身近だけど
         大きなテーマですね~


でも以前、人間が生きていく
       環境問題を最小限まで突き詰めると

      綺麗な「空気」
 
      安全な「水」

      そして「食べ物」
 
    食卓は小さな「命の循環」  エコロジーは、「命の問題」

    この3つだと考えた事があります。


今回は、そのひとつ
    一番・・・・かどうか、
        順位付は意味は無くて

          生き物が生きていく全てに必要なもの!


5月の、新緑が輝くのも、
     地中の水の動きが活発になるからだし!

    大気に溶け込んだ水分がまとまれば
          一雨事に、季節を運んでくる!
       そんな、役割もあったりします。



日本では、蛇口をひねると
     公共施設でも、使ええる
         「当たり前」の水道水・・・

   これは島国で、縦断する高い山が、
        夏は南側、
          冬は北側に豊富な
            「真水」を落としてくれるから
                    可能な事。


 世界で見た時
     世界がもし100人の村だったら を知っていますか?

    飲み水として使える「水」で
         車を洗うのは
           日本とアメリカの一部だけ

       飲める真水の「川」の所有権を奪い合って
            今、この時も戦争をしている国もあります。


  
  さてさて、こんな恵まれた環境の日本ですが、

    このシリーズでは

      いつもの小さい視点から広げて行くのでは無く

        逆に一度ワイドに目を広げて、
            そこから、私たちの環境を
               考え直して見たいと思います。


  次回の、エコロジーとしての「水」シリーズは

      超ワイドに!
        太陽系の惑星単位で、
            水を考え見たいと思います。
                 
                  広げ・・・・すぎかな?

     
        でも、生き物全ての
             「命の奇跡」の源だからね~

                 お付き合い頂ければ幸です。


blogram投票ボタン

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 
2013/05/07 21:09 (火)|CPI GTRコメント(0)トラックバック(0)
プロフィール

tongu144

tongu144
はじめまして、トングと申します。


駄バイクと駄おっさんが、ゆっくり毒抜きしながら、生きていられる喜びに感謝してる・・・そんなブログです。

フリーエリア
カテゴリ
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
リンク
グーバーウォーク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。